スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOSSって。

10月30日(日) 『第7回 秋のわくわく子供教室』に参加してきました。

午前中、小学校の教員方が、無料で、子供達に保護者同伴で運動を教えてくれる教室でした。

・なわとび教室
・跳び箱教室
・チャレラン大会

と、子供達が、だんだん本気になって、楽しいのと、苦手な分野がクリア出来た満足感と、

学校区域関係なく参加してるので、その子供達なりの人間関係の程好い緊張感と、何とかかんとか

で、最後は、自信に満ちた顔に変わっていってるのが、目に見えて判る実りある場でした!

子供って正直だなぁ。

私がこの日、感銘を受けたことがあります。

跳び箱

何段か高く跳べるのが上手って、この日まで思ってました。

上手って、何が基準だったと思います?

跳び方  だったんです。 えっ???って事でしょ。

参加した子供達は、小学1年生~6年生まで、約20数名です。

だから、能力も様々、運動が得意な子、苦手な子、とにかく様々。人生いろいろ。って感じです。

ほんの30分間、跳べない子は、跳べて、跳べる子は、美しく跳ぶという時間がスタートです。

側でお手伝いしながらずっと見てました。 どうするんだろう?と。

先生達は子供達を4グループ別にされて、グループの課題ごとの指導を始められました。

私は跳べないグループ側にいたんですが、1つづつポイントを教えながらの実践です。

1つのポイントがクリア → また次のポイントをクリア → また次の‥‥、、と、

すると、このたった30分が終る頃、跳べてるんです!まぐれでなく、跳ぶ度に
 
しかも、確かにフォームが安定して、美しいんですよね。

隣の跳べるグループの子供達は、、、本当だ!体操競技がイメージできるように同じく美しい。

もう時間が終る頃、自信がついてきたのか、目がしっかり見てるんです。自分だけでなく

周り全体。自分以外のお友達の事も。

正直に顔にはっきり出てくるので、こっちまで真剣になりますね。

この変わりようを間近で見てたので、この指導は素晴らしと感銘したんです。

なので指導を見てたから、すっかり私も跳べる気になり、、あ、あ、あ、やっちゃいました、、

片付ける前に跳んでみたら、、そう。私は運動が苦手(好きだけど)だったのを思い出さされました

跳び箱の上にそのままズドン!!  皆様の前で跳べない自分をわざわざアピールしてしまったんです

大人の私でも、きちんと指導受けたら、5分~10分で跳べるようになるよ。とささやかに教えて頂きました。

私は小学~大人になってる今でも、跳べませんでした。そういう指導は受けてませんでしたから。

跳べなくても社会には関係ないですが、跳べてたら運動が苦手という意識は、変わってただろうなぁ。

熱意や個別について教えるのも大事ですが、指導する技術が必要で、そこを子供達は求めてる。

というのが、判りました。

今度、跳び箱の指導をしていただきたいです。私も、今日の子供達みたいに、苦手を克服できた

達成感を味わいたいです。 先生、大人教室はいかがでしょうか?!

長くなりましたが、休日にこんなことを楽しんでされてる先生方もいらっしゃるのだと知り、

本当に嬉しく思いました。もっと、沢山の子供や保護者の方達に知って頂けるようになればいいな。

ありがとうございました。 ペコリ  

rodeoガール、実況リポートでした!  




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rodeoガール

Author:rodeoガール
マクロビに出会って3年目。結婚と同時に苦手な料理どうしよう!って時にタイミングよくラジオから出会えたマクロビ。(笑)今や料理って楽しい?!って思えるmyLife。びっくり!今年からは上級に通う修行中の身。
ぼちぼちとマクロビ共々過ごすRODEO一家日常の1コマです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。